MKG工法について

MKG工法5つのPOINT [POINT1]複数の衛星を駆使し、GPSを用いた繊緻な計測 [POINT2]3Dシュミレーションによる正確な設計力 [POINT3]地形を生かした工法による建設期間の短縮 [POINT4]特殊専用マシーン活用による後期の短縮 [POINT5]シンプルで強固な架台構造(在庫可能な部材で準備期間の短縮)

シンプルな一本足杭 5つの部材で強固な基礎・架台が組み立てられます 調整ディスクで±5°の微調整が可能

MKGは、太陽光発電所を測量から地質調査、設計、杭打ち、 そして架台設置まで、世界レベルの工法で建設。

01.地面の粗造成 02.GPS移動局を車上設置し、敷地内を走行 03.専用機器を用いて3Dデータを採取

04.データを基にパネルレイアウト 05.敷地内に4mと3.5mの杭(特殊鋼)を搬入 06.目印となる木杭打ち作業

07.特殊専用マシーンで地面に強固な杭を立てる 08.スチール杭打ち 09.架台の組立と設置作業

10.堅牢な架台のつなぎめ 11.架台を調整する独自のディスク 12.太陽電池モジュールの取付け(パネル配列)